2007年06月05日

宣伝方法として、コンテンツマッチ広告のブレイナー

自分を売り込むために

 広告

を使うことを考えなければならないときがある。

そのときに真っ先も思いつくのは

グーグル(google)

かしもれない。

しかし、グーグル(google)は広告出稿の審査が厳しい(それは広告を貼る側にとっても厳しい)

他の手段はないのか!

あります。

その名は

コンテンツマッチ広告のブレイナー

ブレイナーの紹介によると

「独自の広告技術により、閲覧者の興味にあった広告を配信します。
(検索キーワードによるターゲティング、コンテンツ連動 など)
ウェブページのテキスト情報(コンテンツ)に連動した広告を表示するだけでは、閲覧者に興味ある広告を選別する材料としては不十分と弊社は考えます。どのキーワードに広告を連動させるべきか、ウェブページの情報だけでは不十分だからです。
 ブレイナーの広告技術では、コンテンツ連動だけでなく、Yahoo、Google、MSNなど主要検索エンジンで使われた検索キーワード情報を取得して広告選別につかっているので、閲覧者の興味をより深いレベルで特定し、検索エンジン広告並の高い広告効果が期待できます。
 すでに検索エンジン広告を始めている広告主様にとっては、検索エンジン広告で捕らえられなかったビジターを同一のキーワードで追跡しての広告表示が可能になるので、SEM(検索エンジンマーケティング)の次の広告手段としてご検討頂けます。
 検索エンジンから来る閲覧者が使った検索キーワードを取得して広告選別をする手法が高い広告効果をもつという考え方は、弊社独自によるもの(特許出願中)で、他社にはないサービスとなっております。

入札単価は6円から

1日の予算は入札キーワード毎に割り当てられるので、予算にあった広告が出稿できます。

費用効果を高めるために
 検索キーワードを利用した広告選定と、ウェブページにマッチした広告選定の2段階方式で、閲覧者の興味にあった広告表示。

 検索エンジン広告とは違い、検索結果ではなく、ウェブサイトに掲載する広告として独立した広告サービスなので、入札単価も安めです。

 マッチ度合いが低い場合、クリック単価は自動的に引き下げ。

 不正クリックの徹底防止。

 標準で提供されるコンバージョン測定ツールで、広告の効果測定が可能。」

という、グーグル(google)を上回っているかもしれない

コンテンツマッチ広告のブレイナー

とりあえず試してみる価値はありますよ

posted by クリエーターを探せ at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。