2007年06月06日

宣伝方法として、ピタットマッチ Pitatto Match


自分を売り込むために

 広告

を使うことを考えなければならないときがある。

そのときに真っ先も思いつくのは

グーグル(google)

かしもれない。

しかし、グーグル(google)は広告出稿の審査が厳しい(それは広告を貼る側にとっても厳しい)

他の手段はないのか!

あります。

その名は


ピタットマッチ(Pitatto Match)


サイトの紹介文によると、
「従来のコンテンツマッチですと、掲載サイトの趣向があやふやな場合でも広告が掲載されるケースが多発、これにより、冷やかしクリック等が増加。
結果、「費用対効果が全然合わないよ・・・・・」こんなことも。
ピタットマッチでは、ユーザーの趣向にマッチした「ユーザーマッチ」を広告に採用!
これにより、従来のコンテンツマッチ広告とは比べ物にならないほどの費用対効果のアップが期待できます。

通常のコンテンツマッチでは、サイトのコンテンツにマッチした広告内容となっていました。
ユーザーマッチの場合、そのユーザーの過去の検索エンジンでのキーワードを反映し、ユーザーの趣向に沿う広告をマッチする広告を表示する機能です。

PPC広告、コンテンツマッチ広告等の広告掲載は現在、ジャンルによっては非常に審査が厳しくなっており、 審査が通ったとしても、何の通告もなく、いきなり広告掲載の停止なんて事態が・・・
しかも、その理由は非公開。
これでは、どこを訂正すれば、広告審査が通るのかすらわかりませんし、このような事態が頻繁に起こってしまっては、 ネットビジネスをする上で、安定した収益を望むことができません。
ピタットマッチでは、現在、広告掲載が難しくなっているジャンルもスムーズに広告掲載が可能。(一部のアダルトを除く) また、何らかの理由で広告掲載が停止された場合でも、その理由を明確にし、 訂正さえスムーズに行っていただければ、安定し、広告を掲載することが可能です。」


ピタットマッチ(Pitatto Match)

は自分のサイトに広告を貼ることもできます。


サイトの紹介によると
「従来のコンテンツマッチ広告では、警告が一切なしで、いきなりアカウント停止されるという、アフィリエイター泣かせが多発・・・ ピタットマッチでは、原則として違反があった場合でも、まずはその旨の通達をしたうえで猶予期間をもうけ、 それでも改善や回答が無かった場合のみ掲載禁止処分などにし、突然アカウント削除などはおこないません。

ピタットマッチでは、サイトのコンテンツマッチではなくユーザーマッチを採用しているため、今までのコンテンツマッチに比べクリック率の増加が期待できます。

掲載サイト別に広告の表示回数、クリック数、報酬等のデータがリアルタイムで見る事ができます」

posted by クリエーターを探せ at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。