2007年06月09日

ブログの限界と対処法、そして限界を逆手にとる方法

ブログの限界とは
 1一つ一つの記事が長すぎるととても読みにくくなる。
 2記事を日々書き連ねると、古い記事が検索エンジンに引っかかりにくくなる
 3ユーザからの激しい書き込みの被害(いわゆる「炎上」)が起きる危険がある
 4有益ではない書き込み(スパム)の被害にあう危険がある

 2に対応するために、「サイトに必ず書くべきこと」で指摘したように、一定の項目についてはブログとは別に旧来型のホームページを設置する必要があります。

 3.4については書き込みについてブログ管理人の許可がある場合だけ、書き込みを表示するように設定するべきでしょう。

 1については、一つ一つの記事を短くすることで対処できます。

目安は800文字くらいまで。

そのためには一つ一つの記事のテーマを絞ることが必要でしょう。

例えば、「…の感想」というテーマで一つの記事を書くのではなく、「…の冒頭の感想」「…中盤の感想」「ラストの感想」「…を終わっての余韻」という複数のテーマに小分けして、個々のテーマごとを記事を書くのです。

 そして記事の投稿時期を少しずつずらすことで、ブログを頻繁に更新しているように見せることができます。

 すると、新着ブログとしてブログサービスを提供するサイトのトップページの目立つ場所にプログがより長い間掲載されるようになります。

 そうなれば、トップページからブログへのアクセスを増加させることができる。

 すなわち、あなたのことをより多くの人々に知らしめることができるようになるのです。


posted by クリエーターを探せ at 05:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
このエントリーを含むはてなブックマーク My Yahoo!に追加 FC2ブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。